*

番外編、3DSLLの水没品解体

水没品、3DSLLの修理をしてみます。

 

本家に修理依頼したところ、

部品代プラス工賃(3000円)で大体13000を切る位の価格が表示されました。

これなら新しいのを購入すると持ち主談です。

中古価格で調べたら10000円前後で購入できそうです。

 

今回3DSLLの水没品が入手できましたので、解体してみようと思います。

どこまで復旧できるでしょう・・・

092830

 

裏面にネジ止め2箇所を外すと赤い部分がごっそりと外れます。

ここはバッテリー交換などでも多く外す場所で、

本家の確認したところ、外しても解体扱いにはならないようです。

092829

 

ふたを外すとこんな感じにばらけます。

続いてバッテリーを外します。

今回バッテリー膨らんでました・・・駄目かもしれません。

092828 092827

 

続いて裏面のフレームを取り外します。

黄色の場所は表から見えるので問題なく外せます。

緑の部分はゴム?で詰め物されているので外す必要があります。

注意点ですが、カートリッジ外しておかないと中央上部のネジも見えないのでカートリッジは、外しておきましょう

092826

 

ネジを外したらフレームの取り外しですが、LRボタンのコードが繋がっていので、

無理やり引っ張ると断線するかもしれません。

092825 092823 092824

 

各配線を外していきます

LRボタン

092821 092822

 

Wifiの部品?の取り外しです

基板等に錆びが出ているので洗浄します。

今回復旧しなければ半田を外してフレーム内も洗浄が必要かもしれませんが、

今回は、周りのみの対応とします。

092819 092817

 

マイクの取り外しです。

今回外してみて、浮いている部品なので、外す必要が無かったです。

092818 092816

 

液晶とタッチパネルの配線を外します。

092815 092814

 

白い部分の右側にボリュームのコード、上部には上画面の液晶とスピーカなどの配線があり外します。

左上の所にも、赤外線の基板が刺さっています。

白い部分はジョイパッド?十字キーの上にあるものです。

092810 092809 092808

 

一通り配線を取り外したら、基板の取り外しです。

左右に4箇所と中央に2箇所のネジを取り外したら基板を外します。

基板を裏返してみるとまだ配線が出てきます。

右上部の配線です。断線させないように注意してください。

引っ張れば少し出てきますので、多少のゆとりはあります。

092806 092805 092804 092807

 

フレーム側のLRボタン部分の解体は2箇所のネジを外せばねずみ色の部分が外れます。

このとき内部のバネを飛ばさないように注意してください。

以前3DSの分解時飛ばしてしまい何処に付けるのか分からなくなったことがありました。

今回は問題なさそうです。

092813 092812 092811

 

基板の腐食箇所の洗浄を行います。

今回はこれがメインの作業としています。

ABXYボタン周辺とSDカードの差込部分、十字キーの周辺の洗浄を行います。

092801 092802 092803 092820

 

今回の作業では電源がつかない状態のままでしたので、

充電器を入手後動作確認を行います。

それでも復帰しないようであれば、

wifiの基板部分の洗浄と基板自体を腐食除去の溶剤に浸す方法でチャレンジ予定です。

 

 

 

関連記事

iPhone ホームボタン修理とは

iPhone ホームボタン修理 iPhoneのホームボタン修理について説明します。 前回、液晶・

記事を読む

iPhone 画面修理の内容 

iPhone 液晶修理 iPhoneの液晶修理について説明します。   今まで当

記事を読む

データそのまま、即日修理!

iPhone研究所ではデータを保持したまま修理が可能です! 「画面が割れたんですけど、本体

記事を読む

iPhone5s 修理価格表

ガラス割れ・液晶表示不良 液晶パネル交換(再生パネル) ¥6,800

記事を読む

【iPhone】修理報告!(iPhone6・液晶割れ)

本日はiPhone6の液晶交換です。   それでは早速解体開始。

記事を読む

PAGE TOP ↑