*

古い機種には用はない!!…なんて言わないでください

iphone6s_pink

いよいよ明日はiPhone6Sの発売日ですね^^

心待ちにされている方も多くいらっしゃることでしょう。

さて、そんな今だからこそ昔の機種について少しお話ししてみたいと思います。

 

 

古いからこそできること

さて、以前OSのアップデートは慎重にという記事を書きました。

バージョンアップのメリットとデメリット

最新OSはセキュリティホールがどんどん塞がれるので

いわゆる抜け道的なものがなくなるというのはその際に記載したとおりです。

さて、新機種は当然最新のOSの状態で販売されます。

では古い機種はどうでしょうか?

当然、初期では古いOSが入っており、都度ユーザーがアップデートすることで

最新のOSに書き換えていきますよね。

しかし、いずれは端末のスペック的に最新のOSについてこれなくなるために

アップデートできなくなるときが来ます。

 

たとえばiPhone3GS。こいつはiOS6.1.6までしかアップデートできないんです。

iOS6は現行のOSに比べればスポンジのように穴だらけのOSでした。

たとえばパスコードがかかっていてもある方法でロックを通過できてしまうとか。

セキュリティの観点で見ればとんでもない欠陥ですよね。

パスコードロック機能が全く意味をなさないわけですから。

でも自身がいざパスコード忘れをした立場になってみるとどうでしょう。

印象は変わってくるのではないでしょうか。

 

また、iPhoneはナンバリングが変わる際に大きくデザインを変更することが多いです。

iphone3gs2iPhone3GS

iphone4white20110425-1303909367iPhone4

buroiPhone5

 

iPhone6-1iPhone6

 

どれもぜんぜん違いますよね。

当研究所へご来店なさる方には未だに3GSをお持込なさる方もいらっしゃいます。

曰く、「背面の丸みが手に馴染むから」だとか。

 

 

新機種≠至高

これはあくまでも私の主観なのですが

新機種でないからダサいという考えは誤りだと感じるのです。

携帯電話にはいまや数え切れないほどの選択肢があります。

そのなかで自身が何を使うのか、というのは決して周りに影響されるべきではなく

「自分が何を求めているか」ではないかと。

新機能を追い求めるのもよいですが、それは本当に必要なのか?

新機種やOSで無くなってしまった機能は自分には不要なものだったか?

というのも考慮してみればもっと楽しいiPhoneライフを送れるのではないでしょうか。

 

関連記事

no image

画面が表示されなくなったiPhone4sの修理です

今回は、画面が表示されなくなったiPhone4sの修理です   取り合えず、動作確

記事を読む

高級&安価ケース

お店で6sを見掛ける度に3D Touchの練習をしてる研究員Hです。

記事を読む

水没したiPhoneが復旧した後

夏と言えば梅雨・プール・海水浴・川遊びなど、iPhoneが水没するイベントが盛りだくさんです。

記事を読む

iPhone 充電ドック修理

iPhone機種 価格 iPhoneSE -円 iPhone6p

記事を読む

+1メニューとか割引サービスとか

研究員Hです。 この研究員ブログに使われてる手書きのものは、今のところ全て私が書いてます。

記事を読む

PAGE TOP ↑