*

落下させてスリープボタンが動かなくなったiphone5sの修理です

今回は、落下させてスリープボタンが動かなくなったiphone5sの修理です

 

まずは動作確認として電源を入れようと、

スリープボタンを押してみます、ボタンの押した感触が硬く押し込んだ感触やカチッと音もありませんでした。

 

電源入れるのは充電すれば立ち上がるので問題ないのですが、電源が切れないこと・スリープモードに入らなくなります。

 

今回は、スリープボタンの交換になります。

ボリューム、スリープボタン、マナーモードの切り替えが一体型なのでフル交換になります。

091901

 

液晶を外します。

092401

 

 

 

 

 

基板とバッテリーを外します。

 

092402

 

マナーモードのモーターと外カメラを外します。

092403 092405

 

メインのスリープボタンの取り外しです。

配線が細いのでフレキを剥がす時には注意しましょう、

スリープボタンは片側がネジでもう片側がはめ込み式になっていますので、

外すのが面倒です。配線がフレームにくっつかないように注意しながら作業しましょう。

092406 092407 092408

 

ユニットの付け替えです。

ここでは、ボタンの押し具合を見ながら作業しましょう。

殆どの部品の取り外しが必要な部品交換ですので、

やり直しは比較的行いたくない工程でもあるので・・・

カメラとモーターをつけます

092409 092410

 

基板とバッテリーをつけます。

092411

 

蓋を閉じて動作確認です。

起動時にスリープモードの確認、

092412 092413

 

マナーモードの動作確認とボリュームボタンの動作確認を行います。

092414 092415 092416 092417

 

 

今回はスリープボタン交換のご紹介でした。

※お電話にてご予約を承っております。

在庫には限りがございますので、修理ご希望の場合には、ご来店の前に当店までお電話にてご連絡ください!

修理ご希望のお客様は六本木本店までご連絡ください!

iPhone研究所 六本木本店

 

iPhone画面修理・液晶修理特別価格キャンペーン!iPhone水没修理特別価格キャンペーン!

 

 

関連記事

iPhone 水没修理

・水没して電源が入らなくなったiPhoneからデータを救出するサービスです。その後の端末利用

記事を読む

USB電源アダプタを超特価!

Apple 5W USB電源アダプタ Lightningケーブルといい、microUSBケーブ

記事を読む

修理にパスコードは本当に必要なのか?

修理にパスコードって必要? 弊社では修理受付の際にパスコードの記載を求めています。任意です。

記事を読む

保護フィルムの割とどうでもいい話

iPhoneやスマートフォンだけでなく、タブレットやゲーム機にもよく使われる液晶保護フィルム

記事を読む

Apple、iPhoneSEを発表!

iPhoneSE 遡ればiPhone6s発表以前から噂されていた4インチの最新iPhone、i

記事を読む

PAGE TOP ↑