*

【水没修理】iPhone6s/6sPlusに乾燥剤は効果が薄い!

もうすぐ2月も終了ですね。

この一ヶ月はなぜか水没修理が多かった印象です。

水没後、すぐに当店に持ってきていただけたので、復旧率も高かったです!

 

しかしいろんなiPhoneを見てきて気づいた事もあります。

それがiPhone6s/6sPlusに乾燥剤を使う復旧方法が効果的ではないという事。

 

水没したiPhoneに乾燥剤が効果的な理由

濡れたiPhoneに対して一番やってはいけない事は濡れたまま使用する事。

iPhone内部に水が残ったまま使用してしまうと、仮にそのときは大丈夫でも、悪化する一方で、完全に使えなくなる可能性があります。

なので電源を切って水分除去するのが一番なのですが、内部にどれだけ水が残っているかは分解して見るまでわかりません。

 

そこで効果的なのが乾燥剤

iPhoneと乾燥剤を密閉できる袋や容器に一緒に入れて数日放置しておくとiPhone内部の水が減っていきます。

運が良ければ修理屋に頼らず復旧する可能性もあります。

修理屋サイドからすれば、水は無くなっても腐食箇所などがそのままになっていると危険なので、水没修理に出していただくか、あとはいつ壊れてもいいように準備をする事をお勧めいたしますが。

 

水没したiPhone6s/6sPlusに乾燥剤が効果的でない理由

ではなぜiPhone6s/6sPlusには効果的ではないのか。

それはiPhone6s/6sPlusには防水加工が施されているからなんです。

iPhone6s/6sPlusは防水加工のおかげで、それまでの機種と比べて水が入りにくい構造になっています。

ただ、iPhone7/7Plus以外のiPhoneが耐水仕様でないのは皆様もご存知かと思われます。

「耐水仕様では無いのに、水が入りにくい構造」という点が水没故障した際には厄介なんです。

 

水が入りにくいと言う事は、水が排出されにくい構造になってるとも言えます。

 

当店にiPhone6sの水没修理依頼のお客様が来店されました。

「数日前に水没させてしまったが、用事があって数日来れなかった為、乾燥剤と一緒に数日放置した」との事。

お客様は最善を尽くしたと思います。

ですが分解してみると、水没した直後と変わらないんじゃないかと言うくらい水が残っていました。

 

iPhone6s/6sPlusは水没故障が起きにくい反面、水没故障してしまうと復旧しにくい端末でもあると言う事です。

これはiPhone7や他の防水スマートフォンにもいえるかもしれません。

 

水没故障しても諦めないでください!

「iPhone6s/6sPlusに乾燥剤が効果的ではない」とは言いましたが、それでも何もしないよりはマシかもしれません。

過去にiPhoneを落として破損させていると、水が入りやすくなっていますが、逆に水が出やすくなっているかもしれませんし。

そして何より、iPhone研究所 六本木本店ではそんなiPhone6s/6sPlusも復旧させてきました!

当店の水没修理では水分除去・洗浄による作業で復旧した場合、5,400円となっており、パーツ交換が必要な場合は別途有償となりますが、お客様の使い方にあわせてご相談させていただいています。

また、残念ながら復旧できなかった場合はお代はいただいておりません。

水没した際は、他のiPhoneもですが特にiPhone6s/6sPlusは、早急に修理に出す事をお勧めいたします。

 

4b9da20bb502e899883f70efa7d85ff7

 

こちらの記事も参考にして下さい。

iPhoneが水没した直後の対策
水没したiPhoneが復旧した後

関連記事

【iPhone研究所六本木本店】本日より営業しております!!

  謹んで新年のご挨拶を申し上げます。 昨年は格別の御厚情を賜り、厚く

記事を読む

iPhoneが水没した直後の対策

雨降った後って水没修理の依頼が多いんですけど、聞いてみると雨が原因じゃない事が多いんですよね。

記事を読む

iPhone研究所の水没修理!

水没修理 6月になって水没したiPhoneの復旧修理依頼でご来店される方が増えてきました。

記事を読む

水没注意報!!

水没注意報発令!!   本日は湿度が高いのでiPhoneの使用は注意しましょう &n

記事を読む

落下・水没注意報発令!!

落下・水没注意報発令!! 本日は午後から雪の予報になっております。iPhoneの使用は注意しましょ

記事を読む

PAGE TOP ↑