*

【重要】iPhone7/7Plusの修理をご検討のお客様へ

iPhone5sやSEをiPhone7風にするカスタムが流行っているようですが…

公開日: : 最終更新日:2018/04/27 iphone研究員ブログ, バックパネル

当店の人気サービスの一つ、iPhoneのバックパネルを純正のものから別のものに変えるバックパネルカスタム。

最近はiPhone5sやiPhoneSEのような4インチiPhoneをiPhone7風にするのがネットで話題のようで。

当店のスタッフも自分のiPhone5sをiPhone7風にカスタマイズして使っています。

しかし少なからずデメリットも存在します…

今回はその辺を説明したいと思います。

 

電波の受信感度の低下

iPhoneのバックパネルは電波を受信しやすいよう、考えられて作られています。

これを別の素材にしたり、アンテナを減らしたりすれば受信感度に影響が出ます。

 

0131_iphonese_iphone6_iphone7

ちなみにiPhone5系統のものは上下の色が違う部分が、iPhone6以降のデザインは色の違うラインの部分がアンテナになっています。

冒頭で紹介したiPhone5系統のもをiPhone7風にした場合、明らかにアンテナが減っているのがわかると思います。

iPhone7はそれでも受信しやすいように設計されているでしょうが、iPhone5系統はそういう設計にはなっていないようです。

 

耐久性の低下

img_0367

以前も紹介しましたが、精度の悪いパーツによる噛み合わせの悪さが挙げられます。

カスタム品がどのように作られているかはわかりませんが、

限りなく本物に近いものの、メッキ塗装の厚塗りのせいでネジが締まらないものや、

酷いものだと似せて作っただけで形状が若干異なるものも存在します。

こうなると、ネジが締められない=衝撃に弱くなったり、ボタンがうまく動かなくなったり、

最悪ロジックボードが変形し、元に戻しても使えなくなることもあります。

 

カスタムパーツ購入の際の注意点

口コミやレビューなどがあれば一番です。

TwitterやFaceBook上にカスタム品愛用者がいるようであれば、直接聞いてみるのも良いと思います。

当店で質の良いパーツを提供できれば一番良いのでしょうが、いろいろ事情がありまして…

交換代行作業、税込み10,000円で対応いたします。

関連記事

【i研4コマ】21話「iPhone7が今週発表かも」

毎週月曜夕方6時公開予定     &n

記事を読む

落下させてスリープボタンが動かなくなったiphone5sの修理です

今回は、落下させてスリープボタンが動かなくなったiphone5sの修理です   ま

記事を読む

画面割れを駆逐してやる!(iPhone6plus・画面割れ)

今回の案件は…   ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ iPhoneの超大型

記事を読む

【短縮営業のお知らせ】9/12は19時までの営業となります。

お客様各位 平素はiPhone研究所をご愛顧くださいまして誠に有難う御座います。

記事を読む

【番外編】いくらiPhoneだからって安いイヤホンじゃ…Part1

どうも、研究員Aです! さて、前回断線したイヤホンケーブルの代わりに 「ごん太(ぶと)く

記事を読む

PAGE TOP ↑