*

iPhoneのバックパネルカスタムに関しまして

公開日: : 最終更新日:2019/03/05 iphone研究員ブログ, バックパネル

当店の人気サービスの一つ、iPhoneのバックパネルを純正のものから別のものに変えるバックパネルカスタム。

最近はあまり見かけませんが、iPhone5sやiPhoneSEのような4インチiPhoneをiPhone7風にすると話題にはなるようです。

当店のスタッフも自分のiPhone5sをiPhone7風にカスタマイズして使っています。

しかし少なからずデメリットも存在します…

今回はその辺りを説明したいと思います。

 

カスタムパーツ購入の際の注意点

一括りにカスタムバックパネルと言いましても、その中身は製造メーカーや材質によってかなり品質に偏りがあります。

どこのどの製品なら良い。というものは現在ではほとんど見かけませんが、それでも粗悪品に当たってしまうことも・・・

 

また残念ながら当店ではカスタムバックパネルの販売は行っておりません。

もしお探しの場合は現時点では様々なショップや製品を扱っているととすれば、ショップのHPよりYahooオークションサイトで

「型番 バックパネル」と検索すると1番出てくる感じです。(例 : iPhone SE バックパネル)

そちらなどでご用意いただいた商品に対し、弊社にて交換作業を税込み10,000円で対応いたします。

 

またここでカスタムバックパネルに交換する際に必ずではありませんが、起きてしまう可能性のある症状、または制限についてご案内します。

 

電波の受信感度の低下

iPhoneのバックパネルは電波を受信しやすいよう、考えられて作られています。

これを別の素材にしたり、アンテナを減らしたりすれば受信感度に影響が出ます。

 

0131_iphonese_iphone6_iphone7

ちなみにiPhone5系統のものは上下の色が違う部分が、iPhone6以降のデザインは色の違うラインの部分がアンテナになっています。

冒頭で紹介したiPhone5系統のもをiPhone7風にした場合、明らかにアンテナが減っているのがわかると思います。

iPhone7はそれでも受信しやすいように設計されているでしょうが、iPhone5系統はそういう設計にはなっていないようです。

 

耐久性の低下

img_0367

以前も紹介しましたが、精度の悪いパーツによる噛み合わせの悪さが挙げられます。

カスタム品がどのように作られているかはわかりませんが、

限りなく本物に近いものの、メッキ塗装の厚塗りのせいでネジが締まらないものや、

酷いものだと似せて作っただけで形状が若干異なるものも存在します。

こうなると、ネジが締められない=衝撃に弱くなったり、ボタンがうまく動かなくなったり、

最悪ロジックボードが変形し、元に戻しても使えなくなることもあります。

 

買取、修理は一切不可

簡潔にまとめますとカスタム作業を行った時点で見た目や性能はiPhoneですがモノとしてはiPhoneと呼べるものではなくなってしまう。という感じです。

したがってオークションサイトなどの個人間取引での売買は可能ですが、普通に店頭での買取や不具合発生時にAppleや正規修理店での修理はまずできなくなると思ってください。

古いiPhoneや保証期間が終了してしまっているものであればさほど問題はないかもしれませんが、保証期間がまだあるものへの作業は是非ともお気を付けください。

 

 

かなり制限がありそうに感じてしまうバックパネルカスタムですが、話題性やちょっと人目につくその感じになんとも言えない優越感のようなものを感じるのも魅力です。

弊社へカスタム作業のご依頼をいただく場合には、パネルの状況により作業不可能としてご返却をさせていただく場合がございます。

その際にはキャンセル料や途中までの作業料などは一切発生いたしませんのでご安心ください。

関連記事

保護フィルムの割とどうでもいい話

iPhoneやスマートフォンだけでなく、タブレットやゲーム機にもよく使われる液晶保護フィルム

記事を読む

水没修理にもいろいろあるんです

今日は水没修理について少し小話を…   画面つかない!=死ではない?!

記事を読む

iPhone研究所の水没修理!

水没修理 6月になって水没したiPhoneの復旧修理依頼でご来店される方が増えてきました。

記事を読む

打倒iPhone7!iPhone研究所のカスタムサービス

日本時間9月8日午前2時、AppleのスペシャルイベントでiPhone7が発表されました!

記事を読む

バージョンアップのメリットとデメリット

本日は、iOSのバージョンアップについてです^^    

記事を読む

PAGE TOP ↑