*

【重要】iPhone7/7Plusの修理をご検討のお客様へ

新型iPhone発表

iPhone6とiPhone6sPlusが発表されました。

うわさは前々から出ており、iPhone研究所に修理で来るお客様も

「新機種が出るからお金をかけたくない」

と言うお客様も多かったです。

 

前モデルとの違いは?

ネットワークが早くなるとかカメラの画質が上がるとか、新型だけあって全体的に性能アップしてますね。

重量が6sは10g以上、6sPlusで20g以上重くなってるみたいです。

寸法はどちらもコンマ単位ですが大きくなってます。

シリコンケースなら使いまわせそうですが、きつめのハードケースは新調した方が良さそうですね。

 

注目は今回導入される 3D Touch でしょうか。

 

3D Touchとは?

画面が圧力を感知できるようになったらしく、長押しに強弱をつけられるみたいです。

これを利用して画面に立体感を持たせるそうです。

立体といっても3DSみたいに飛び出ると言う訳ではなく、操作が立体的になるようです。

詳しくはAppleの動画見たほうがわかりやすいです。

 

新色追加

これまでのシルバー・スペースグレイ・ゴールドに加え、

無題

ローズゴールドが新登場!

画面側は白なので、ここは今までどおり2色で修理屋としては助かります。

ただ比率が黒画面1:白画面3なので在庫確保が大変かもしれませんが。

 

予約開始と発売日は?

9/12予約開始で9/25発売のようです。

前モデルは入荷してもすぐ消える状況が12月くらいまで続いたようです。

確実にゲットしたい方はネット予約しましょう。

 

iPhone研究所の修理対応は?

未定ですが、すぐ対応できるようにがんばります。

判明次第、ホームページとブログでお伝えしたいと思います。

いや、お客様が壊さないのが一番ですが。

 

 

 

 

 

 

 

イラストでわかる?3D Touch

これまでのiPhoneだと

DSC_0116~03~3

URLやメールの件名をタッチすると

DSC_0118~01~2

そのサイトやメール本文のページに移動してました。

それが3D touchだと

DSC_0116~03~3

軽く長押しすると

DSC_0117~01~2

ページを移動せずに内容が飛び出る感じで覗けて、そこから強めに押し続けると

DSC_0118~01~2

そのページに移動、という事が出来るようです。

この軽押し状態のをPeek、強押しで開くのをPopというらしいです。

浸透しなさそうな名前ですね。

面白そうですが、ワンステップ増えただけな気がして、

「今までどおりタッチした方が早いよ!」

って事になりそうなんですけど、実際どうなるんでしょうか。

 

と、わかりやすく伝えようと描いてたのですが、動画見たほうがわかりやすいよ、うん。

関連記事

no image

スリープボタンが感触なく、電源が立ち上がらない状態の修理です

今回はスリープボタンが使えなくなったiphone6の修理です   取り合えず、動作

記事を読む

【番外編】iPhoneで使っていたイヤホンが…Part2

昨日に続く素人奮闘記!   手がプルプル… MMCXコネクタってすごく小さいんで

記事を読む

穴の空いたiPhone6plus(ケース)

今回紹介するのは バックパネルが剥がれたiPhone6plusと  

記事を読む

【再掲】6sシリーズのSuica内蔵カスタムについて

何件か問い合わせがあるので改めて、 現在、iPhone6sと6s plusのSuicaカスタムには

記事を読む

iPhone 音声・イヤホン 交換修理

iPhone機種 価格 iPhoneSE -円 iPhone6p

記事を読む

PAGE TOP ↑