*

iPhoneのバッテリーが劣化したら交換しましょう!

dsc_053501

iPhoneのバッテリーの充電サイクルは0%から100%までの充電を1回として500回充電した時に、本来の容量の最大80パーセントを維持できるように設計されているそうです。→参考

また、ユーザーの一般的な消費電力などのデータから算出された使用年数は3年だとか。→参考

こうやって見ると結構長持ちしそうな気がしますが、現実にはそうはいきませんよね。

「充電頻度が増えた」「バッテリーが一日持たない」なんて場合はバッテリー交換してiPhoneを長持ちさせましょう!

 

Appleのバッテリー交換

Appleには製品保証がありますが、バッテリー交換は条件が限られます。

AppleCare+に加入していて、バッテリーの蓄電容量が本来の80%未満に劣化した場合に無償交換が可能との事。

それ以外、つまり保証対象外の場合は7,800円(税別)で交換となります。

保証状況の確認はAppleのサイトで確認できますが、バッテリーの劣化具合は体感でしかわかりませんが、Apple非公式のアプリで確認することができます。

 

BatteryCare Battery Care

BatteryCare2

アプリを起動するだけで、あっという間に測定が終わります。

「このアプリで悪い結果が出たから」というのはさすがに通用しませんが、交換の目安にしてみてはいかがでしょうか。

 

初期に製造されたiPhone6s

一部のiPhone6sでバッテリー残量が残ってる状態で急にシャットダウンしてしまう問題が発生しています。

これに対し、Appleは無償交換プログラムを実施しました。

 

修理業者を利用する

AppleStoreは店舗数が限られていますし、何時間も待たされる場合もあります。

郵送の場合は一週間くらい掛かります。

そんな時はiPhoneの修理業者を活用してみてはいかがでしょうか?

特に港区周辺にお住まいの方はiPhone研究所 六本木本店をご利用ください!

最近交換依頼の多いiPhone6なら5,800円、iPhone5sなら3,300円(どちらも税込)で交換します!

作業時間は機種によって異なりますが、長くても30分ほどで終わります。

 

tel_left

関連記事

iPhone 音声・イヤホン 交換修理

iPhone機種 価格 iPhoneSE -円 iPhone6p

記事を読む

no image

防水加工カスタム

iPhone5s 防水対策です 今回ご依頼がありましたので掲載しますが、 写真は別物です。後

記事を読む

iPhone バックパネル修理

※当店の在庫としてストックしてあるのは中古で買い取ったバックパネルのみとなり、常備在庫しているわけで

記事を読む

no image

スリープボタンが感触なく、電源が立ち上がらない状態の修理です

今回はスリープボタンが使えなくなったiphone6の修理です   取り合えず、動作

記事を読む

カスタム苦労話

> なんかうちのスタッフがスイーツなケース作っていましたが > 私よりガタイの良い健康

記事を読む

PAGE TOP ↑