*

好評のiPhoneバックパネルカスタム、質の悪いパーツには注意

img_0433

当店で人気のサービスの一つ、バックパネルカスタム!

当店の中古パーツを使用する他、お客様が持ち込みになられたカスタムパーツを代行して組み立てを行います。

最近では何度も足を運んでくださるお客様も!

 

ですが、お客様の持ち込まれるパーツの中には純正品と比べると明らかに質の悪いパーツもあります。

結論から話すと、最悪修理不可になる可能性があります。

 

不具合例

img_0367

最近特に多いのが、このiPhone6のスケルトンクリアのバックパネル

「ネジ穴が適切でない」「そもそもネジ穴が無い」「マナーモードスイッチが斜めになる」等、組み立てテストをちゃんと行っていないんじゃ?と疑ってしまうレベル。

特に酷いのが、iPhoneの心臓部・ロジックボード(基盤)が綺麗に収まらないものです。

ネジ穴だったり内部の形状の違いだったりで、取り付けたときには基盤が歪んだ状態になってしまいます。

基盤が歪んでしまうとSIMカードの認識が悪くなります。

SIMトレイの抜き差しで改善を図ろうにも、基盤が歪んでいるとSIMトレイが抜けにくくなります。

最悪、元のバックパネルに戻してしまえば、元通り使えます。

ですが、基盤が歪んだ状態で使い続けると、分解後も歪みは修正されず、元のバックパネルに戻しても改善されない場合があります。

基盤の問題となってしまうと、パーツの交換とは行かず、当店では修理不可、Appleに持っていっても中のデータも無くなり金額も一番高い本体交換となってしまいます。

 

お店・パーツ選びは慎重に

パーツによる不具合はスケルトンに限った話ではありませんし、スケルトンのパーツも製造元によって異なると思います。

パーツを探す際はレビューや口コミなどを参考にお探しください。

 

当店としましては、作業してみるまでは分からないですし、基本的には質の悪いものでも作業をお断りすることはありません。

不具合箇所があれば引渡し時に説明しますし、明らかにこのまま作業を進めたら危険だと思ったら、作業を中断し、お客様と相談の上判断します。

カスタムパーツ不具合による再調整は、パーツ交換を必要としなければ極力無料~500円で行います。

関連記事

【再掲】6sシリーズのSuica内蔵カスタムについて

何件か問い合わせがあるので改めて、 現在、iPhone6sと6s plusのSuicaカスタムには

記事を読む

続・金ピカLEDカスタム

昨日に続き金ピカLEDカスタムです。 これに各パーツを付けるわけですが、 &nb

記事を読む

穴の空いたiPhone6plus(ケース)

今回紹介するのは バックパネルが剥がれたiPhone6plusと  

記事を読む

カスタム苦労話

> なんかうちのスタッフがスイーツなケース作っていましたが > 私よりガタイの良い健康

記事を読む

iPhone6s&6s plusのSuicaカスタムについて

6sシリーズが発売してまだ一ヶ月経ってないというのに、早くもSuicaカスタムについて問い合わせがあ

記事を読む

PAGE TOP ↑