*

水没したiPhoneが復旧した後

公開日: : iphone研究員ブログ , ,

夏と言えば梅雨・プール・海水浴・川遊びなど、iPhoneが水没するイベントが盛りだくさんです。

iPhoneを水没させたらお早めにiPhone研究所にお越しください!

水没修理はiPhone研究所

と、例によってお決まりの台詞を言ったところで、今回は

水没したiPhoneが復旧した後

についてお話したいと思います。

 

結論から言えば、

いつ壊れても良い準備をしておいてください。

 

濡らしたけど奇跡的に無事だったiPhone、

電源を切る・しっかり乾燥させるといった応急処置を行い復旧したiPhone、

そして修理業者による水没修理で復旧したiPhoneも。

 

まず、水分除去がしっかりと行えていない状態でiPhoneを使い続けると、iPhoneの寿命を急激に縮めます。

iPhoneが無事だった=内部に水分が入らなかったわけではありません。

iPhone内部ではパーツの腐食やショートが発生している可能性が高く、この後壊れたiPhoneの復旧率は高くは無いです。

 

しっかり乾燥させたと思っても、内部には水分が残っていることがあります。

個人で復旧させるなら乾燥剤がほぼ必須くらいに思っていてください。

数日弄らず放置くらいでは中の水分は除去出来ていない事がほとんどです。

 

一度水没したiPhoneは復旧したとしても、壊れやすい状態であることは変わりません。

これは修理業者で直した場合も同様です。

 

中には何度水没させても使い続けている方もいます。

その人は今現在たまたま運が良いだけだと思ったほうが良いです。

その後1年元気に使えてたとしても、ある日突然――なんて可能性もあります。

 

理想は機種変更、少なくともデータのバックアップ作業は行っておきましょう。

関連記事

iPhone6S 早速分解してみました。

iPhone研究所 所長の山田です。   本日9月25日に発売されましたiPh

記事を読む

高品質のデコケース

狙ったわけではありませんがケースの記事が続いてます。 しかし、今回のケースは前回紹介したような

記事を読む

iPhone研究所でもラインストーン付ホームボタンを作成?

個性も機能も欲しい欲張りなあなたに。ラインストーン付ホームボタンシールの新色が発売 &nb

記事を読む

関東で積雪。転倒注意!

本日、関東甲信地方で雪が降り、積雪となっている所があります。 まあ昼頃にはiPhone研究

記事を読む

穴の空いたiPhone6plus(ケース)

今回紹介するのは バックパネルが剥がれたiPhone6plusと  

記事を読む

PAGE TOP ↑