*

水没したiPhoneが復旧した後

公開日: : iphone研究員ブログ , ,

夏と言えば梅雨・プール・海水浴・川遊びなど、iPhoneが水没するイベントが盛りだくさんです。

iPhoneを水没させたらお早めにiPhone研究所にお越しください!

水没修理はiPhone研究所

と、例によってお決まりの台詞を言ったところで、今回は

水没したiPhoneが復旧した後

についてお話したいと思います。

 

結論から言えば、

いつ壊れても良い準備をしておいてください。

 

濡らしたけど奇跡的に無事だったiPhone、

電源を切る・しっかり乾燥させるといった応急処置を行い復旧したiPhone、

そして修理業者による水没修理で復旧したiPhoneも。

 

まず、水分除去がしっかりと行えていない状態でiPhoneを使い続けると、iPhoneの寿命を急激に縮めます。

iPhoneが無事だった=内部に水分が入らなかったわけではありません。

iPhone内部ではパーツの腐食やショートが発生している可能性が高く、この後壊れたiPhoneの復旧率は高くは無いです。

 

しっかり乾燥させたと思っても、内部には水分が残っていることがあります。

個人で復旧させるなら乾燥剤がほぼ必須くらいに思っていてください。

数日弄らず放置くらいでは中の水分は除去出来ていない事がほとんどです。

 

一度水没したiPhoneは復旧したとしても、壊れやすい状態であることは変わりません。

これは修理業者で直した場合も同様です。

 

中には何度水没させても使い続けている方もいます。

その人は今現在たまたま運が良いだけだと思ったほうが良いです。

その後1年元気に使えてたとしても、ある日突然――なんて可能性もあります。

 

理想は機種変更、少なくともデータのバックアップ作業は行っておきましょう。

関連記事

新型iPhone発表

iPhone6とiPhone6sPlusが発表されました。 うわさは前々から出ており、iPhone

記事を読む

もしもiPhoneに矢が刺さったら?

iPhone情報研究所にオモシロ動画が紹介されてました。 矢で貫通したiPhone6s

記事を読む

6sと6sPlusの修理ページが出来ました。

iPhone6sと6s plusの修理ページが出来ました。 と言っても価格などはま

記事を読む

【iPhone】バッテリーのお話

どうも!研究員Aです^^   バケツいっぱいの…   金

記事を読む

iPhoneケースの欠点

社内でそっち系じゃないかと噂の研究員Hです。 好きに想像するがいいさ。想像は自由だ。 私

記事を読む

PAGE TOP ↑