*

水没した!!と思っても…

公開日: : iphone研究員ブログ , ,

水没した!もう駄目だ!!

 

iPhoneをうっかり水没させたときの絶望感ってすごいですよね^^;

慌てて電源が入るかを確認して…そのお気持ちは察しますが

実はそれ、厳禁なんです。

 

psVHk

 

通電は崩壊への一歩

 

水没した機械に対しては一番怖いのがショートです。

ショートというのは電気が通らなければ起きないわけですが

電源が入るかの確認のためにスイッチを押す=通電の指示を与えている

ということになるわけです。

運良くバッテリーの充電が尽きていればいいですが

端子がびしょびしょの状態で通電してしまったら

それはそれは恐ろしい結果を招くでしょう…。

 

 

端末復旧に向けての5ステップ

1.冷静になりましょう

慌てる気持ちはわかります。ですが前述の通り慌ててしまうと

残念な結果を招くことになりかねません。

まずは深呼吸して落ち着きましょう。

2.携帯を思いっきり振ります

別に駄々をこねるわけではありません。

遠心力で内部の水気を切ります。

このとき、勢いがよすぎてスマホが飛んでいき

画面破損になったら洒落になりませんので

すっぽ抜けにはご注意を。

3.乾燥剤とともに密閉容器へ

身近なところではシリカゲルでしょうか。

お煎餅とかについてますよね。

100均とかにもあると思います。

それと一緒にチャック付ビニール袋等に入れておきましょう。

4.24時間以上乾燥させて動作を確認します

とにかくしっかりと水気を抜くことが肝心です。

時間をかけて乾燥させ、一度起動確認をしましょう。

5.それでも駄目なら当店へ

ここまでやって駄目ならば中を開けて確認してみるしかありません。

是非当店へご相談ください。iPhone研究所ならば復旧しなかった場合の作業料は0円、無料です!

 

まとめ

水没したiPhoneにはとにかく適切な処置が必要です。

慌てず落ち着いて、きちんと応急処置をしてあげましょう。

 

また、本体は元気なのに画面だけが駄目になっている場合等もあります。

画面が写らないからといってあきらめずに是非一度ご相談ください^^

関連記事

水没修理にもいろいろあるんです

今日は水没修理について少し小話を…   画面つかない!=死ではない?!

記事を読む

no image

番外編、iPhone5s水没

ある実験のためiPhone5sの水没させましたが・・・   とある実験のため水没品

記事を読む

復旧出来なかった場合は0円です!

修理不可能だった話 iPhone研究所では画面割れ・ボタンの不具合・水没等、いろいろな修理をしてま

記事を読む

iPhone6の縁あり液晶保護ガラスを検証してみました。

iPhone6や6plusの保護フィルムは基本的に、丸みを帯びたフチの部分は むき出しになって

記事を読む

iPhone研究所プチリフォーム!

今回の物件は、六本木にある研究所を小改造。 iPhoneの修理を営むこの研究所には、研究員とお

記事を読む

PAGE TOP ↑