*

防水加工について

「水の中で使えるんですか?」

という質問が多いです。

答えはNO

水の中で使うようにはなっていません。

当店の防水加工はデータ保護を目的としています。

 

防水加工の内容

防水用の液体でコーティングをするのですが、

DSC_0376~01
iPhone丸ごとコーティング

…ではなく、

 

sketch-1456485161169~01
コーティングするのは基盤のみ。

丸ごと防水加工する実験もしましたが、うまくいきませんでした。

 

なので、紹介動画では画面表示に問題はありませんが、映らなくなる可能性はありますし、他にもスピーカー等が壊れる可能性があります。

 

それじゃあどうなるんですか?

当店の防水加工はデータ保護を目的としています。

お客様のデータは基盤の中にあります。

基盤が守れれば、中のデータも守れます。

基盤さえ無事なら、他は交換で直せます。

 

また、水没で壊れる原因の一つが、水に触れた状態で通電させて起きるショートです。

この防水加工でショートが防げるので、イコール他の部品の破損率も落ちると言うことです。

 

もしもの時のための

ぶっちゃけ、毎日バックアップを取っていれば必要無い加工かもしれません。

ですが、

「iTunesにはほとんど繋がなくって…」

「iCloudに勝手にバックアップしてるのかと思ってたらしてなくって…」

なんて話はよく聞きます。

iCloudも容量に限りがありますし。

一部のアプリは元々のiPhoneで操作しないとうまく行かないものもあります。

そんな状況を回避するための防水加工です。

 

防水加工3,000円、他の修理と一緒なら1,500円と非常に安いです。

是非ご利用下さい。

bousui

関連記事

iPhoneケースの欠点

社内でそっち系じゃないかと噂の研究員Hです。 好きに想像するがいいさ。想像は自由だ。 私

記事を読む

iPhone6S 早速分解してみました。

iPhone研究所 所長の山田です。   本日9月25日に発売されましたiPh

記事を読む

スリープボタン・ホームボタンが壊れた場合の応急処置

電源/スリープボタン・ホームボタンが壊れた場合… 2016年2月現在、スリープボタンは各

記事を読む

【再掲】6sシリーズのSuica内蔵カスタムについて

何件か問い合わせがあるので改めて、 現在、iPhone6sと6s plusのSuicaカスタムには

記事を読む

番外編、3DSLLの水没品解体

水没品、3DSLLの修理をしてみます。   本家に修理依頼したところ、 部品

記事を読む

PAGE TOP ↑