*

スリープボタン・ホームボタンが壊れた場合の応急処置

電源/スリープボタン・ホームボタンが壊れた場合…

スリープボタン ホームボタン

2016年2月現在、スリープボタンは各機種4,400円、ホームボタンは3,800円~で修理を行っています。

スリープボタンは他の機能と連動しているし、ホームボタンは戻るボタンが無いiPhoneにとっては必須な機能なので、修理をオススメしますが、中には「そこまでお金掛けられない…」「もうすぐ機種変だからそれまで凌げれば…」というお客様もいます。

そんな方の為に出来る対策を紹介したいと思います。

 

AssistiveTouch

どちらかのボタンが無事ならば、画面を点ける事は出来ます。

最悪充電ケーブル挿せば点灯します。

問題はその後ですよね。

そんな時の為に画面上にボタンを追加する機能があるんです。

それがこのAssistiveTouchです。

 

設定>一般>アクセシビリティ>AssistiveTouch
設定>一般>アクセシビリティ>AssistiveTouch と進んでいくとこの画面にたどり着きます。

AssistiveTouchをオンにすると、画面上にボタンが現れます。

 

最上位メニューをカスタマイズ
最上位メニューをカスタマイズを押すとこの画面になります。

見てのとおり最初からホームボタンはあるのですが、画面をロックするボタンが無いので追加します。

いらないアイコンがあればそれをタッチ、増やしたいなら右下の+です。

 

最上位メニューをカスタマイズ
+を押すとこのようにボタンが増えますので、増えたボタンをタッチ。

 

画面をロック
画面をロックを選びます。

チェックが付いたら右上の完了を押してください。

 

最上位メニューをカスタマイズ
設定が反映されました。

 

ホーム画面
こんな感じでほとんどの画面に着いて来ます。

押しながら動かせばアイコンの位置を変える事が出来ます。

 

AssistiveTouch
これで画面上でロック・ホームボタンを操作できるようになりました。

 

AssistiveTouchはダサい、邪魔だ」という方。

ホームボタンはどうしようもありませんが、画面ロックは自動ロックの時間を変更するという手もあります。

設定>一般>自動ロック
設定>一般>自動ロック で変更できます。

 

でもやっぱり修理に来てください。

短期間を凌ぐには良い手だと思いますが、前述したように他の機能と連動してたりするので、放置して症状が悪化する可能性があります。

今後も使用されるなら、やはり修理をオススメします。

関連記事

iPhone6の縁あり液晶保護ガラスを検証してみました。

iPhone6や6plusの保護フィルムは基本的に、丸みを帯びたフチの部分は むき出しになって

記事を読む

iPhone 水没修理

・水没して電源が入らなくなったiPhoneからデータを救出するサービスです。その後の端末利用

記事を読む

【iPhone】修理報告!(iPhone5・水没)

本日の修理報告(・_・)   iPhone5を海に落とした… iPhone5のお

記事を読む

ガラス修理特別価格キャンペーンの詳細

特別価格キャンペーン、本日よりスタート! 3機種限定ですが、その分、かなりの低価格設定を実現出

記事を読む

充電出来なくなった…(iPhone6・充電ドック交換)

iPhone6が充電出来なくなった…   との事で、今回の修理案件はiPhone6

記事を読む

PAGE TOP ↑