*

アウトカメラ修理とは

iPhone アウトカメラ修理

iPhoneのアウトカメラ修理について説明します。

以前から少しづつ修理の説明させて頂いて入りますが、

今回はアウトカメラの修理について書かせて頂きます。

 

アウトカメラの修理を行うことで、

カメラのピントが合わない、曇っている、認識しないなどの異常が改善されます。

 

作業としては、いつもどおりに液晶取り外しを行います。

IMG_0456

 

アウトカメラのユニット部分の拡大です。

2箇所のネジで留まっているので外します。

左側のネジは、通常シールで隠れていますのでシール部分を浮かせながら作業にとりかかります

IMG_0457

 

取り外して見ると次のようになります。

カメラ自体は後はハメ込んであるだけですので、

基板とのコネクタを取り外し取り出しを行います。

IMG_0458

 

取り外すと次のようになります。

曇っている原因によってはこの部分にホコリが溜まっている場合があります。

その際にはクリーニングして付け直しになりますが、

ピントが合わない等のユニット側の疑いの時には部品の交換になります。

IMG_0459

 

ユニット部分を外してみるとこんな感じです。

IMG_0460 IMG_0461

 

作業自体は20分程度で完了する作業なのですが、

最初は付け直しで動作確認、汚れていたらクリーニング後に動作確認と

繰り返し作業が多いパーツでもありますので時間がかかってしまいます。

受付時には1時間程度見て頂ければいいかと思います。

 

以前から書かせていただいおりますが

カメラの交換を行っても改善されない場合は、

元の状態に戻させて頂き、修理代金は頂かないように対応させていただいております。

申し訳ありませんが、

郵送対応の場合のみ送料がお客様負担にさせていただいておりますので、

ご了承くださいませ。

 

関連記事

iPhone5 修理価格表

ガラス割れ・液晶表示不良 液晶パネル交換(再生パネル) ¥6,800

記事を読む

【カスタム】着けてます?透けてます!

今回紹介するカスタムはこちら!   作業工程画像じゃありませんよ。

記事を読む

よくある質問

iphone修理にかかる時間はどれくらいですか? おおよその修理にかかる時間は1時間程になります。

記事を読む

iPhoneの充電ケーブルを補強してみた。

iPhoneの充電ケーブルって断線しやすいですよね。 買い換えさせるAppleの戦略か

記事を読む

マナーモードが使えなくなった、iphone6の修理です

今回はマナーモードが使えなくなったiphone6の修理です   取り合えず、動作確

記事を読む

PAGE TOP ↑