*

充電ドックの修理とは

iPhone 充電ドック修理

iPhoneの充電ドック修理について説明します。

以前から少しづつ修理の説明させて頂いて入りますが、

今回は充電ドックの修理について書かせて頂きます。

IMG_0440

液晶の取り外しです。

IMG_0441

ショートの危険があるのでバッテリーの取り外しを行います。

IMG_0442

充電ドックの上にスピーカがあり、

それを外すのに基板が邪魔になるので基板を取り外しておきます。

IMG_0443

充電ドックの上にはスピーカとバイブレーターを外します。

IMG_0444

充電ドックに付いている固定部品とネジを外します。

 

 

IMG_0445

最後に両面テープで固定されているので剥がしにとりかかります。

ここで無理やり引っ張ると断線するので慎重に作業します。

 

 

 

IMG_0446

ここまで来て初めて新しい部品と交換になります。

IMG_0447

 

時間は戻す作業も入りますので1時間かかります。

最後には動作確認も行いますので多少のゆとりは持たせています。

 

落下や水没などでこの部分が壊れてしまうと、

充電自体ができない状態になってしまいます。

時には、充電認識がしているのに電圧がどんどん下がっていくなんて壊れ方しているものも見たことがあります。

通常使用であまり壊れない部分ではありますが、落下や水没で個人で様子を見る段階では注意してください。

 

当店では修理時に充電ドック交換かも知れないで引き受ける場合がございますが、

バッテリー交換で直った場合はバッテリー交換のみの代金で修理させていただいております。

修理箇所がはっきりとしていなくてもこちらで異常個所の確認と価格見積などもさせていただきますのでお気軽にご来店くださいませ。

 

関連記事

iPhone6plus 修理価格表

ガラス割れ・液晶表示不良 液晶パネル交換(再生パネル) ¥8,800

記事を読む

海に落としてしまった…(iPhone6・水没修理)

iPhone6を海に落としてしまった… 前に海水に浸かってしまい、復旧しなかった話が出ました。

記事を読む

スリープボタン・ホームボタンが壊れた場合の応急処置

電源/スリープボタン・ホームボタンが壊れた場合… 2016年2月現在、スリープボタンは各

記事を読む

高級&安価ケース

お店で6sを見掛ける度に3D Touchの練習をしてる研究員Hです。

記事を読む

iPhoneSEはICカード内蔵カスタム可能!

当研究所で行っているICカード内蔵サービス。   基盤だけにしたICカ

記事を読む

PAGE TOP ↑