*

【重要】iPhone7/7Plusの修理をご検討のお客様へ

保護フィルム 貼付けサービス

DSC_0356~01b

保護フィルムの貼付けサービス

このブログにもチラチラと出てきているから気付いてる人もいると思いますが、iPhone研究所六本木本店では液晶保護フィルムの貼付けサービスを行ってます!

1menu

現在保護フィルムを500~1,500円で販売してるんですが、希望のお客様には値段そのままでこちらが貼付けを行います。

これはお客様にとってはうれしいサービスではないでしょうか?

 

まあ、店員泣かせなサービスなんですが…

 

当スタッフは特別な訓練を 受 け て い ま せ ん

もちろんキレイな状態でお渡ししますが、一発で成功しないこともあります…

 

ある研究員は一枚無駄にしたり、

ある研究員は「動画見てコツは掴みました!」とドヤ顔してたのに「ガラスは違うんですよぉぉ」と泣き言を言ったり、

ある研究員はお客様にダメ出しされたり…

 

まあ訓練積んだからと言って、100%完璧に出来る作業ではないので。

神経質な人や「私、ド下手なんです~!」って人以外は自分で貼った方が良いと思います。

 

DSC_0357~01~2
▲ド下手な例

 

もちろん我々も経験積んでますし、これまでも最後はお客様に満足していただいてます。

すぐキレイな状態で使いたい人は声をかけてください。

 

保護フィルムをキレイに貼るコツ

神経質な人は自分でやるのが一番です。

私、研究員Hもこういう系に関してはかなり神経質なので、サービスを行う側が言うのもなんですが、他人にフィルム貼りを任せたくありません。

検索すればいろいろ出てくるので、私が特に気をつけている2点だけ紹介したいと思います。

あ、自己責任でお願いします。

1.保護フィルムに付属してるクリーナーは簡単に信用しない

DSC_0358~01~3

当たりハズレあります。

アレを使ってかえってホコリがついてしまうケースもあります。

自分でキレイなメガネ拭き等を用意しておくと良いです。

2.湿気の多い場所で貼る

IMGP1285(2)

乾燥している場所にはホコリが大量に舞っています。

なので乾燥していない場所で貼れば良いのです。

一番良いのはお風呂場です。

うっかり水かけたり水の中に入れたりだけは注意してください。

 

理想なのはお湯出して湯気まみれにして湯気ごとフィルムを貼るのが良いんです。

液晶が若干濡れていれば貼り直しもしやすく、水分によって一時的に気泡が出来るかもですが、時間経過で抜けていきます。

ただ、iPhoneは防水ではないので、修理屋としてはこの方法はオススメしません。

湯気を出さなくてもお風呂場は湿気が多いので、貼る環境としては充分です。

 

まあ我々が仕事で貼る時は、お客様のiPhoneを風呂場に持って行くわけにも行かないので、いつも修理を行ってる机で貼るんですが…

関連記事

iPhoneケースの欠点

社内でそっち系じゃないかと噂の研究員Hです。 好きに想像するがいいさ。想像は自由だ。 私

記事を読む

iPhone 音声・イヤホン 交換修理

iPhone機種 価格 iPhoneSE -円 iPhone6p

記事を読む

【随時更新】iPhone6 修理実例集

バックパネル交換 iPhone6が曲がっちゃって… 落とした時に、奇跡的に液晶画面は無事でしたが

記事を読む

6sと6sPlusの修理ページが出来ました。

iPhone6sと6s plusの修理ページが出来ました。 と言っても価格などはま

記事を読む

iPhoneSEを早速分解してみたらiPhone5sのパーツが使えた

iPhoneSE、購入 先日発売されたiPhoneSE。 iPhone研究所でも1日遅れ

記事を読む

PAGE TOP ↑