*

続・短時間での作業について

公開日: : iphone研究員ブログ , ,

DSC_0262~01

お急ぎという事で、受付でお待ち頂き、約10分で作業しました。

途中、ドライバーの先端が削れるというアクシデントもありましたが…

sketch-1448020510023~01

 

急ぎと言っても、作業そのものは通常通り行ってます。

細かい点検を省略することで、素早くお返しすることが出来ます。

 

しかし、必ずしも最短時間で出来るわけではありません。

今回は短時間で出来る条件を説明したいと思います。

短時間でiPhone修理を行うには(画面修理の場合)

1.手の空いているスタッフがいる

他の修理を行っていれば、基本的には後から来た修理は後回しになります。

事前に電話確認して頂く事をオススメします。

2.ガラス・液晶以外に不具合が無い

一番多いのは、バックパネル側のフレームの歪んだiPhone。

分解は簡単でも、新しい部品を取り付けるのは非常に苦労します。

画面側のフレームが外れていることもあり、そうすると分解に苦労します。

また、ホコリ等のゴミが侵入してると、その除去にも時間を取られます。

クリーニングの依頼をしてなくても、多少取り除かないと作業の妨げになるのです。

3.交換する液晶の品質

事前に品質チェックはしてるのですが、相性があるのか、いざ修理で取り付けると色が変だったりする事があります。

時間がある修理だと、ネジを全部絞める前に確認も出来るのですが、

急ぎの場合、ネジを全部絞めてから確認することもあるので…

 

 

という事で、「順調に行けば短時間で終わる」という感じです。

こういう記事を書いといてなんですが、こちらとしても何も問題が無いことを確認してお返ししたいので、本当に時間が無い方以外にはスピード修理はオススメしたくありません。

 

 

あとスピード修理の欠点は、写真を撮る時間が無いのでブログに記事を上げにくいところです。

本当は実例集に載せたかったのですが。

関連記事

復旧出来なかった場合は0円です!

修理不可能だった話 iPhone研究所では画面割れ・ボタンの不具合・水没等、いろいろな修理をしてま

記事を読む

iPhone バッテリーのお話

バッテリーのお話です。   最近寒くなってきましたが、バッテリーの持ちは大丈夫です

記事を読む

新型iPhone発表

iPhone6とiPhone6sPlusが発表されました。 うわさは前々から出ており、iPhone

記事を読む

iPhoneのバッテリーが劣化したら交換しましょう!

iPhoneのバッテリーの充電サイクルは0%から100%までの充電を1回として500回充電し

記事を読む

iPhoneケースの欠点

社内でそっち系じゃないかと噂の研究員Hです。 好きに想像するがいいさ。想像は自由だ。 私

記事を読む

PAGE TOP ↑