*

iPhone6s&6s plusのSuicaカスタムについて

公開日: : 最終更新日:2015/10/18 iphone研究員ブログ , , , ,

6sシリーズが発売してまだ一ヶ月経ってないというのに、早くもSuicaカスタムについて問い合わせがありました。

iPhone研究所 六本木本店ではiPhone6sと6s plusのSuicaカスタムには現在対応しておりません。

通常、Suicaカスタムはフロントパネルの液晶ユニットとバックプレートの間にSuica基盤を挟みます。

DSC_0231~01~2
▲iPhone6の場合

しかし、6sシリーズには新機能3D Touchが搭載されています。

その為、従来のフロントパネルより分厚くなっているのです。

分厚いのからなのか、特殊素材を使ってるからなのかは定かではありませんが、従来の方法ではSuicaを認識してくれません。

 

なお認識しないのでどうでもいい話なのですが、

6以前の場合、Suica基板を挟むとネジが数本絞められなかったり、液晶を圧迫して画面が変色する場合がありました。

3D Touchは強弱タッチに対応しているからか、圧迫感が無く、ネジが全部絞められ、画面への影響もありませんでした。

このまま認識してくれればお客様はもちろん、作業する我々も快適だったのですが…

 

バックパネル側に挟んでほしいという要望も多いのですが、使用されてる素材の関係で5~6sシリーズでは非対応です。

 

iPhone研究所では引き続きカスタム研究中です!

対応できるようになった場合は告知すると思いますが、気軽にお問い合わせください。

関連記事

iPhone6Sはやはり防水されていなかったことがわかる動画を発見!

どうも研究員Aです^^ 巷では「iPhone6Sは防水加工並みに水に強い」なんて噂がありますが

記事を読む

頼めそうで頼めない修理

所 長 で す 。 頼めそうな内容なのにいざとなると頼みにくい事ってありますよね。

記事を読む

もしもiPhoneに矢が刺さったら?

iPhone情報研究所にオモシロ動画が紹介されてました。 矢で貫通したiPhone6s

記事を読む

よくある質問

iphone修理にかかる時間はどれくらいですか? おおよその修理にかかる時間は1時間程になります。

記事を読む

スリープボタン・ホームボタンが壊れた場合の応急処置

電源/スリープボタン・ホームボタンが壊れた場合… 2016年2月現在、スリープボタンは各

記事を読む

PAGE TOP ↑