*

iPhone6s&6s plusのSuicaカスタムについて

公開日: : 最終更新日:2015/10/18 iphone研究員ブログ , , , ,

6sシリーズが発売してまだ一ヶ月経ってないというのに、早くもSuicaカスタムについて問い合わせがありました。

iPhone研究所 六本木本店ではiPhone6sと6s plusのSuicaカスタムには現在対応しておりません。

通常、Suicaカスタムはフロントパネルの液晶ユニットとバックプレートの間にSuica基盤を挟みます。

DSC_0231~01~2
▲iPhone6の場合

しかし、6sシリーズには新機能3D Touchが搭載されています。

その為、従来のフロントパネルより分厚くなっているのです。

分厚いのからなのか、特殊素材を使ってるからなのかは定かではありませんが、従来の方法ではSuicaを認識してくれません。

 

なお認識しないのでどうでもいい話なのですが、

6以前の場合、Suica基板を挟むとネジが数本絞められなかったり、液晶を圧迫して画面が変色する場合がありました。

3D Touchは強弱タッチに対応しているからか、圧迫感が無く、ネジが全部絞められ、画面への影響もありませんでした。

このまま認識してくれればお客様はもちろん、作業する我々も快適だったのですが…

 

バックパネル側に挟んでほしいという要望も多いのですが、使用されてる素材の関係で5~6sシリーズでは非対応です。

 

iPhone研究所では引き続きカスタム研究中です!

対応できるようになった場合は告知すると思いますが、気軽にお問い合わせください。

関連記事

【再掲】6sシリーズのSuica内蔵カスタムについて

何件か問い合わせがあるので改めて、 現在、iPhone6sと6s plusのSuicaカスタムには

記事を読む

AppleとiPhone研究所の修理比較

所長にイニシャルとiPhoneを持ってないことをバラされた研究員Hです。 一応iPod Tou

記事を読む

6sに6用のケースを着けてみた

3D Touchが使いこなせず 「6が重くなっただけじゃねぇか!」 とイライラしている研

記事を読む

iPhone 水没修理

・水没して電源が入らなくなったiPhoneからデータを救出するサービスです。その後の端末利用

記事を読む

近未来的(?)iPhoneを入手!!

どうも研究員Aです!   夢のスケスケ…!! さて、唐突ですが皆さんもドラマ等で

記事を読む

PAGE TOP ↑