*

iPhone6s&6s plusのSuicaカスタムについて

公開日: : 最終更新日:2015/10/18 iphone研究員ブログ , , , ,

6sシリーズが発売してまだ一ヶ月経ってないというのに、早くもSuicaカスタムについて問い合わせがありました。

iPhone研究所 六本木本店ではiPhone6sと6s plusのSuicaカスタムには現在対応しておりません。

通常、Suicaカスタムはフロントパネルの液晶ユニットとバックプレートの間にSuica基盤を挟みます。

DSC_0231~01~2
▲iPhone6の場合

しかし、6sシリーズには新機能3D Touchが搭載されています。

その為、従来のフロントパネルより分厚くなっているのです。

分厚いのからなのか、特殊素材を使ってるからなのかは定かではありませんが、従来の方法ではSuicaを認識してくれません。

 

なお認識しないのでどうでもいい話なのですが、

6以前の場合、Suica基板を挟むとネジが数本絞められなかったり、液晶を圧迫して画面が変色する場合がありました。

3D Touchは強弱タッチに対応しているからか、圧迫感が無く、ネジが全部絞められ、画面への影響もありませんでした。

このまま認識してくれればお客様はもちろん、作業する我々も快適だったのですが…

 

バックパネル側に挟んでほしいという要望も多いのですが、使用されてる素材の関係で5~6sシリーズでは非対応です。

 

iPhone研究所では引き続きカスタム研究中です!

対応できるようになった場合は告知すると思いますが、気軽にお問い合わせください。

関連記事

3D Touchが使いこなせない(iPhone6sレビュー)

3D Touchが使いこなせない 何回やっても 何回やっても 3D Touchが使いこなせ

記事を読む

ひん曲がっていても大丈夫!バックパネル破損機のカスタム

しゃちほこかな…? 本日はiPhone研究所の得意分野、カスタムのお話です。 本日お持込

記事を読む

修理にパスコードは本当に必要なのか?

修理にパスコードって必要? 弊社では修理受付の際にパスコードの記載を求めています。任意です。

記事を読む

画面割れを駆逐してやる!(iPhone6plus・画面割れ)

今回の案件は…   ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ iPhoneの超大型

記事を読む

iPhone ホームボタン修理とは

iPhone ホームボタン修理 iPhoneのホームボタン修理について説明します。 前回、液晶・

記事を読む

PAGE TOP ↑