*

【重要】iPhone7/7Plusの修理をご検討のお客様へ

iPhone6s,iPhone6sPlusの液晶修理について

公開日: : 最終更新日:2015/11/21 iphone研究員ブログ , , , , , ,

どうも研究員Aです!

さて、本日は最新機種2つの液晶修理についてのお話です。

iphone6s_pink

 

新機能の弊害…

6S系の新機能といえば「3DTouch」ですよねー。

この機能、当然ながら液晶に搭載されています。

そのため、液晶もiPhone6系に比べてずっしりと重く、

厚みも相当増しています。

(サイズが大して変わらないのに重さが違うのは多分これのせいです。)

機能としては斬新でなかなか面白いですよね。

でも、液晶に新機能が搭載されているということは…

 

新機能分の付加価値がつく=原価が上がる=パーツ代が高い=修理金額が高い

 

という式ができるってことなんですよね。

ぶっちゃけ、まだ6Sで液晶だけで7万円以上します。

当然、6SPlusならもっと高いわけで。

当店含め各社詳細に金額の提示はされていないのがほとんどなようですが

修理代金となればさらに作業料が含まれて8万円とかするんではないでしょうか。

下手すれば新品もう1台買えちゃいます…。

 

ご利用は計画的に!!

前々よりの繰り返しになりますが、

iPhone始めスマートフォンは超精密機器です。

荒っぽい使い方をしてしまうとすぐに壊れてしまいます。

ちょっと落としただけでも液晶は割れます。

その「ちょっと」が8万円になってしまうんです。

くれぐれも投げたり落としたりにはご注意くださいね!

 

ちなみに…

六本木本店でも6Sや6SPlusの修理は可能です。

パーツの値動きが激しいのでまだ金額の明記はできていませんが…。

現状ではご依頼後のパーツ入荷になってしまうため

お時間はかかりますがその分お安くご提供しております!

詳細はお電話かメールにてお問い合わせください^^

関連記事

3D Touchが使いこなせない(iPhone6sレビュー)

3D Touchが使いこなせない 何回やっても 何回やっても 3D Touchが使いこなせ

記事を読む

水没修理にもいろいろあるんです

今日は水没修理について少し小話を…   画面つかない!=死ではない?!

記事を読む

iPhone研究所のLINEスタンプ第2弾

あいけん君の生活2 研究員Hです! iPhone研究所のLINEスタンプが第1弾に続き、第2

記事を読む

もしもiPhoneに矢が刺さったら?

iPhone情報研究所にオモシロ動画が紹介されてました。 矢で貫通したiPhone6s

記事を読む

番外編、3DSLLの水没品解体-2

水没品、3DSLLの修理をしてみます。 第二段 前回の続きです   前回充電器が

記事を読む

PAGE TOP ↑